ロゼロスクエア

前略、画面の前の読者様 このブログに書かれてることは的外れな主観です。だから決して、このブログの記述は鵜呑みにしないで下さい。

アイカツプラネット! 第1話「アイドルは突然に!」プチ感想

どうも、ロゼロです。

突然ですが今回は、『アイカツプラネット!』の第1話の感想でも書こうかなと思います。

 

 

アイカツといえば、今年でシリーズ10周年を迎え今月には無印の新作映画が最新作のプラネットと同時上映されることで、人生のベストアニメを5つまで選べと言われたら真っ先に初代『アイカツ!』を入れる程アイカツ無印が大好きな自分も観に行こうと思ってるんですが、いくら無印目当てでもプラネットを観ずに帰るのは失礼だよな・・・と思ったんですよ。自分はあくまでアイカツ無印大好きマンなので後続の『スターズ!』『フレンズ』方面の知識はさっぱりなんですが、だからと言って「アイカツは無印こそが至高!それ以降は全て蛇足!」なんて1ミリも思っておらず、むしろオールスター作品の『オンパレード!』を観てどっかで他のシリーズもチェックしておきたいとは思うんですよね、時間なくて難しいけど・・。

 

そんな中、さっきも言ったようにプラネットの劇場版のおまけ(?)に無印の新作がやるので、ちょうどdアニメストアに入ってたからいい機会だと思い観ることにしたんですよ。でも、ご存じの方も多いでしょうけど『アイカツプラネット!』って実写とアニメを融合させたような作品なんですよね。実際、制作発表時はかなり荒れましたし、実写化に耐性がある自分でも「どうせやるなら実写オンリーでやればいいのに中途半端だなー」と思ったくらいに拒否反応が僅かながらあったんですよ。けどTLのシリーズ未履修の人たちからは「今度のアイカツの設定面白そう」と割と好意的に見られていたので「じゃあ観てみようかな・・・」ってなったんですが(オイ)。

 

 

 

ほんでよーーーやっと映画に合わせて第1話を観たんですけど、これ結構イケますね。斬新さもありつつ無印から続いてきた「アイカツらしさ」も決して蔑ろにされてない、良くも悪くも「マンネリを打破したい」という一大決心が伝わってきましたね。

まず一番目を引くのが、シリーズ恒例だったアイドルの学校が登場しないこと。今までは主人公がスターライト学園や四ツ星学園といったアイドルを養成する学校に入学しアイカツに励むのが基本設定だったのに対して、今作は「アイカツプラネット」と呼ばれる仮想空間でアイドルのアバターになりきってライブをこなしたりするというもの。これ見た時は「なんかプリパラやビルドダイバーズみたいでいいな」ってすぐ親しみを持てたし、仮想空間でアイドルをやるってのはVTuberっぽくて現代風な設定だなと思いましたね。

そんで仮想空間で活躍するアイドルに"中の人"という概念が存在する点もアイカツとしては斬新かつ現代的で驚きましたね、そもそも主人公のマオがアイカツを始めたきっかけが「アイカツプラネットのトップアイドル≪ハナ≫の中の人が突然失踪してしまいマオが代役に抜擢される」というもので、代役とかそういうのは他のアニメでもありがちだけど当人そのものになるってのは珍しいよね、それこそVTuberに例えるとちょっとトーク力のある女子高生がキズナアイの代役としてキズナアイ本人になりイベントに出演するみたいなもんだからな・・・(違ってたらゴメン)。いきなりトップアイドルになってステージに立つってのは結構夢のある設定でワクワクしますね、その気になれば誰でもハナとしてアイカツプラネットの世界へ行けるというリアリティやロマンのある展開が実写という媒体だからこそより本当に現実にありそうな物語を引き出せているのが魅力じゃないでしょうか。

 

そこら辺も含めて、「もしも実写版アイカツがあったら」のアンサーに最もベストな作品かもしれないなー。マオがライブの練習に臨むシーンとか、特訓描写はこれまでもしょっちゅうあったしシリーズ代名詞の「アイ!カツ!アイ!カツ!」の掛け声もしっかり残してくれていたし、異端児のような存在ながらちゃんと伝統は守る、これ間違いなくアイカツシリーズの新作ですよ。土台さえ残しておけば完全オリジナルじゃなくて主人公が星宮いちごや大空あかりだとしても成立する違和感の無さが特訓シーンにありましたね。うんうんこれもまたアイカツだよ。

劇中に登場するアイドルを演じる子たちは新人の役者なのか演技はちょっとアレな所もあるけど、言うてライダーや戦隊を10年以上観てきた身としては子供向け実写作品の第1話なんてそんなもんだと完全に慣れてしまっております。そこから最終回でどれだけ演技が上達するかも見どころなので楽しみにしておこう。あと驚いたのがハナのマネージャーのいずみさんを演じてるのが秋元才加だってこと、この人は牙狼に出てたりAKB系列のグループに所属経験のあるタレントで唯一逃走中で逃げ切ったことのある人だから個人的に注目してる人なので。知名度のある役者だしライダーでいうおやっさん枠のような安心感もあるよね。あくまで実写とアニメのハイブリッド的な作品なので特撮と言うには微妙なところもあるけど特撮好きならアイカツのことを知らなくてもハマりそうな作品かもなぁ。映画公開までに全話観とかねば。4クールくらいあるかな?と思いきや2クールだけだから予習のハードルは低いので時間さえあれば是非。

 

 

あ、そうそう。今ならツイキャスで『アイカツプラネット!』全話一挙放送のアーカイブが今月の16日まで観れるのでよければそちらから。アイカツのライブ『アイカツ武道館!』のアーカイブも今週の土曜まで観れるからそっちも宜しく。おれはDay1の『START DASH SENSATION』でガチ泣きしかけたから絶対観た方がいいっすよ。

anime.twitcasting.tv